表面処理

表面処理は、母材の性質を高める事を目的として施されます。
硬さ・耐摩耗性・潤滑性・耐食性・耐酸化性・絶縁性・密着性を向上させる事により、年々厳しくなる、半導体プロセス条件に応え、母材単体では条件に対応できない場合に採用されます。
 *ライフアップ、発塵対策等にも効果があります。
御用途に合わせて提案させて頂きます。

硬質アルマイト(アルミニウムの陽極酸化被膜)

無電解ニッケルメッキ(還元剤を用いて、Ni皮膜を析出)

  • 精密部品でも均一な膜厚が可能
  • 耐蝕性、耐摩耗性に優れている


金属系コート(蒸着、イオンプレーティング、スパッタ、プラズマCVD)

 

  【膜種】

樹脂コート(ポリイミド、テフロン)

  • 耐熱性(樹脂の中では高温対応)、低摩擦特性、撥水性に優れている
  • 高温用と低温用(焼成温度が上げられないゴム、プラスチック向け)がある


サファイア(単結晶アルミナ)コート



社名

住所

電話番号

ファックス

メール

URL

:  株式会社ファブアシスト

:  京都府京田辺市大住小林3-23 ジュネス京田辺105

:  0774-62-3038

:  0774-65-3618

:  info@fab-assist.co.jp

:  fab-assist.co.jp

Copyright© 2020 株式会社ファブアシスト|半導体製造装置用部品・特殊材料・表面処理 All Rights Reserved.